クライアントインタビュー: 角川 英治

天才のモデリングをするための唯一のスキル

例えば、社内の頼もしいデザイナーがいるとします。通常、デザイナーとは、どのような発想しているか、どのくらいのスピードで作業をこなせるかといった部分は、すべてブラックボックスに入っています。このため、皆、そのセンスに頼らざるをえないのが実状でしょう。

北岡氏の演習を享受させていただく中でいつも思うのは、人間が頭の中で処理しているものは、外からモデリングをすれば、ある程度プロセスを真似できてしまうという恐ろしさです。これによって、その人のコピー人間とは言わないまでも、仕事のレベルであれば、かなり他の人に移植できます。

「社内にできる人が少ない」というのは多くの中小企業の課題となっていますが、NLPこそ現状を打破できる数少ないメソッドではないかと思います。北岡氏のスキルは、人を今までにない視点で観察し尽くすことで、新しい教育手法や新しい会社のリソースを、マニュアルとして残せられるということです。

これは、自分自身をよく知るという機会にもなります。分かりやすい話、すぐに売り上げに結びつくところです。さらに、皆がよい教育スキルを培うことで、個人が新しい発見と更なる飛躍を期待できます。もしかしたら、社内で収まらない個人的なものかもしれませんが、期待以上の飛躍が実現するとしたら願ってもない有り難いことだと思います。

NLPを通じ、「本来のクリエイティブとは何か」を改めて実感できました。北岡氏には公私ともにお世話になっていて、少々大げさですが、人生のターニングポイントにいた方なような気がします。北岡氏から体感と理論によって教えられた法則は、日常のどのシーンでも適応可能です。これまで成し得なかった急激な自己変容と気づきが、いま自らを限りなく強固にしてくれています。

クライアントプロフィール

株式会社フブキ 代表取締役 角川 英治

知人を通じ、2005年より北岡氏を師事。公式ワークショップショップ、プラクティショナー、マスターコースをすべて受講。社員12名のデザイン制作会社を経営するなかでNLPを積極的に実践し、売上1.5倍以上を達成。ビジネスの発想力や問題解決力も大きく成長し、新たな事業展開を進めている。

最新インタビュー
最新インタビュー

ぜひ北岡の人となりに触れていただいて、上記の北岡ワークへの参加を検討していただきたいと思います。>続きを見る

代表著書紹介 Integral Association